交通事故による腕の後遺症の種類と後遺障害等級について

交通事故の被害に遭ったら、医師による治療を受けたうえで後遺症が残るかどうかが診断されます。一般的な後遺症を意味する状態は、専門用語で症状固定と呼ばれる状態です。後遺症がどの程度残るかどうかによって、後遺障害の損害賠償対象に影響が出てきます。

ここでは、交通事故による腕の後遺症の種類や等級についてまとめてみました。


交通事故による腕の後遺症とはどの部分か

交通事故による腕の後遺症は、専門用語で上肢の後遺障害と呼ばれています。腕という言葉にイメージする部分は、人によって上腕や前腕などの違いがあります。しかし、上肢の後遺障害といえば、肩関節から指先までのことです。

上腕・肘関節・前腕・手関節・手指・指関節に至るまで全てを上肢と呼ぶのです。従って、上肢全体に後遺症が残った場合も、指の一部が失われた場合も、上肢の後遺障害として認定されます。後遺障害は、交通事故によって正常な動きができなくなったり、麻痺が残ってしまうような状態です。

後遺障害等級は、1級から14級まで細かく規定されています。後遺症が出ている部分、症状、程度などが記された診断書をもとに、自賠責保険会社を経て損害保険料率算出機構が審査をおこない、審査結果を踏まえて自賠責保険会社が後遺障害等級を認定するのが主な流れです。

上肢の後遺障害には、欠損・機能障害、変形障害、醜状障害と大きく分けて3つの種類があります。それぞれの状態について、見ていきましょう。

交通事故による後遺症。その先の後遺障害として診断・認定されるまでの流れとは?


欠損・機能障害とは

欠損・機能障害は、上肢全体や一部が失われてしまったり、正常な機能が失われるか制限される状態です。例えば、交通事故によって指を失ってしまった場合も欠損・機能障害に当たります。欠損した部分や機能が大きいほど等級の認定は高くなり、どの部分を失ったかによっても細かく等級が規定されています。

両上肢を肘関節以上で失えば第1級3号、両上肢を手関節以上で失えば第2級3号、片方の上肢を肘関節以上で失えば第4級4号、片方の上肢を手関節以上で失えば第5級4号といった具合です。上肢のうち、手指の欠損障害はさらに細かく等級が規定されています。

両手の手指の全てを失った場合は、第3級5号です。片方の5本の手指、あるいは親指を含んだ4本の手指を失えば第6級8号の等級となります。片手の親指を含む3本の手指を失うか、親指以外の4本の手指を失えば第7級6号です。

片手の親指を含む2本の手指を失うか、親指以外の3本の手指を失えば第8級3号。片手の親指あるいは親指以外の2本の手指を失えば、第9級12号の等級となります。片手の人差し指と中指か薬指を失った場合は、第11級8号。

片手の小指を失えば第12級9号、片手の親指の指骨の一部を失えば第13級7号です。片手の親指以外の手指の指骨の一部を失った場合は、第14級6号となります。一方、機能障害は欠損こそしていないものの障害が残ってしまっている状態です。

用を廃したもの・著しい障害を残すもの・機能に障害を残すものの3段階に分けられ、細かく症状や状態が規定されています。例えば、両上肢の用を全廃したものは関節が硬直していたり完全麻痺しているなどの状態で、第1級4号。

片手の小指の用を廃したものは、第13級6号といった具合に定められています。

変形障害とは

上肢の変形障害は、骨折などによって骨がきちんと癒着しなかった状態を指します。関節ではない部分が曲がってしまったり、骨が曲がったまま癒着してしまった場合も変形障害です。変形障害の後遺症が残ると、再手術などの治療を要することもあります。

関節を動かせる範囲に制限が出たり、骨に痛みが生じる可能性があるためです。上肢の変形障害による後遺障害も、等級が定められています。片方の上肢に偽関節が残り、著しい運動障害が出る場合は第7級9号の等級です。

片方の偽関節を残す場合は、第8級8号。長い円筒状をしている長管骨に変形が残った場合は、第12級8号と定められています。

醜状障害とは

交通事故によって傷痕が残った場合を醜状障害といいます。裂傷や擦過傷など、外貌醜状の後遺障害は、第14級4号の等級です。これは、上肢の露出面に手のひら大の醜い痕を残しているもの。基本的には、日常で露出する部分に傷痕が残った場合に認定されます。

ただし、仕事上で上肢を常に露出している場合は別です。業務に支障をきたすようなことがあれば、等級認定を求めることもできます。また、傷痕が手のひら大よりはるかに大きい場合には、少し上の等級認定が検討される可能性もあります。

腕に痛みやしびれが残る場合

上肢の一部や全部を失ってしまった、本来の機能を使えなくなったという以外にも、上肢の後遺障害認定が検討されるケースがあります。それは、腕に痛みやしびれが残った場合です。交通事故後に治療を受けて完治した状態となるのは、本人が痛みやしびれを感じなくなったとき。

まだ何となく腕がしびれている感覚がある、わずかでも痛みを感じるという場合は、症状固定となり得ます。つまり、後遺障害の損害賠償対象になる可能性があるわけです。後遺障害の中でも判断が難しいとされているのが、神経症状である痛みやしびれ。

後遺障害等級では、第14級9号や第12級13号が局部に神経症状を残すものと規定されています。どちらの等級に認定されるかによって、損害賠償額は大きく差が出ます。労働喪失期間も、第14級9号が3~5年なのに対して第12級13号は10年です。

これは、交通事故による後遺障害のために、将来的に働いて利益を得る機会が失われる期間を意味しています。期間が長くなればなるほど、損害賠償額が大きくなって当然です。局部に神経症状が残る点では共通していても損害賠償額や労働喪失期間に大きな違いが出るのは、神経症状の程度に差があるからです。

第14級9号は、第12級13号より軽度な後遺障害を示しています。かたや第12級13号の神経症状は、頑固であることを規定。また、第12級13号では医学的証明がなされている場合を示していますが、第14級9号は医学的証明こそないものの医学的説明はつく場合です。

医学的証明も医学的説明もつかない場合は、後遺障害等級非該当となってしまいます。医学的説明がつく痛みやしびれが残っているだけでも、等級が認定される可能性があります。通院実績や症状の一貫性なども考慮され、痛みやしびれの後遺症については認定を予測するのも難しいでしょう。

交通事故の後遺症の詳細と突然死の関係